お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

地震後の便乗商法ご用心=「188」に相談を―消費者庁!

2018年6月20日

6月18日に大阪府北部で最大震度6弱を観測した地震を踏まえ、消費者庁は災害に便乗した点検商法や便乗商法といった悪質商法に注意喚起しています。 被災者らを狙った悪質商法のまん延が懸念されるためで、建物の修理工事持ち掛けなどの不審な訪問や電話で不安を覚えた際は、「消費者ホットライン(188)」に相談するよう求めています。

国民生活センターのホームページでは、熊本地震などの災害発生時にあった相談例として、「日に3~4回訪問され、屋根の吹き替え工事契約を迫られた」「ボランティアを名乗る女性から募金を求める不審な電話があった」などを紹介しており、消費者に対し、工事契約を即決しないことや不審な電話は切ることなどを勧めています。


▲ページの
トップへ