お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

過疎地に移動GS、タンクローリーから給油実験!

2018年5月17日

政府は、ガソリンを運搬するタンクローリーから自動車に直接給油する「移動式ガソリンスタンド(GS)」の実証実験を始めます。
移動式GSは、災害時のガソリン不足に対処するため導入を検討してきましたが、過疎化が進む地方ではGSの閉鎖が相次いでおり、平時にも活用します。

実証実験では、計量器を取りつけたタンクローリーを自治体の駐車場などに止め、自動車に直接ガソリンを給油します。 タンクローリーの運転手はガソリンなどの危険物を扱う免許を持っているケースが多く、運転手が給油作業にあたることなどを想定しており、5月中に実施を希望する自治体の応募を受け付けます。

この移動式GSは、ガソリンスタンドをつくるための土地の確保や地下タンクの設置などに費用がかからない上、移動販売のように特定の場所に行って給油できるので、政府は販売事業者側にメリットが大きいとみています。

ガソリンは引火性が強いことから消防法で直接給油は原則禁止されています。 ただ、引火につながる静電気の発生を防ぐ装置やガソリン漏れを防ぐ専用金具などの開発が進んでおり、政府が災害時を想定して2017年度に行った事業では問題は生じませんでした。


▲ページの
トップへ