お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

2月14日はふんどしの日

2018年2月14日

日本古来の文化であり、伝統的な下着の「ふんどし」の普及と人々のふんどしに対する理解と関心を高めることを目的に、一般社団法人日本ふんどし協会が2011(平成23)年に、2月14日を「ふんどしの日」に制定しました。

日付は「ふん(2)どし(14)」の語呂合わせです。

毎年、芸能人等からふんどしの普及に貢献のあった人物(男女問わず)に対して「ベストフンドシスト」を選出し、表彰しています。

日本の伝統的な「ふんどし(褌)」は、概ね帯状の布を身体に巻き付けて身体後部で完結するものと、紐を用いて輪状として用いて完結するものに大別されています。
そしてこの「ふんどし」は、第二次世界大戦までは日本人成人男性の主な下着となっていましたが、第二次世界大戦後に洋装化が進んだことや、ブリーフ、トランクス等の新しい下着が出現したことで、急速に廃れました。
ちなみに、旧日本海軍では越中褌が着用され、万一に海に投げ出された際に長くほどいて泳ぐことで、鮫除けとしても役に立っていたといいます。


▲ページの
トップへ