お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

3月12日の改正道交法施行により、75歳超免許更新の検査強化!

2017年3月12日

高齢ドライバーによる重大事故が相次ぐ中、75歳以上の運転免許保有者に対し、認知機能検査を強化する改正道交法が3月12日に施行されます。
2025(平成37)年には「団塊の世代」が75歳以上となり、高齢ドライバーの大幅増も予想されているため、検査強化で、大事故につながる恐れがある症状の進行を早期に把握し、被害を防ぐ狙いがあります。

警察庁によると、2015(平成27)年に発生した75歳以上の死亡事故のうち、約3割はハンドルなどの操作ミスが原因でした。 また、2011~2015年に起きたブレーキとアクセルの踏み間違えによる死亡事故も半数近くは75歳以上で、加齢による判断の遅れや記憶力の低下といった認知機能の衰えが事故の要因となっている実態があります。

現行の制度でも、75歳以上は3年ごとの免許更新時に認知機能検査を受けています。 しかし、認知症の恐れがある「第1分類」との結果が出ても、一定の違反をしなければ、医師の診断は必要ないため、次の検査までの間に著しく認知機能が低下しても、車の運転を続けることになり、重大事故を起こす危険性が指摘されていました。

新制度では、第1分類の75歳以上は必ず医師の診察を受け、認知症と診断されれば免許の取り消しか、停止となります。 また、逆走のほか、信号無視や一時不停止など重大事故につながる18項目の違反をした場合も、自動的に臨時検査が課せられます。


▲ページの
トップへ