お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

育児休業期間の延長、政府が法改正案を来年の通常国会に提出へ!

2016年10月11日

育児・介護休業法に基づく育児休業は、原則として出産後、子が1歳になるまで取得でき、1歳時点で保育所に空きがなくて入所できないなどの事情がある場合は特例で半年間(1歳半まで)の延長が可能な制度ですが、厚生労働省は仕事と子育ての両立を支援するため、育児・介護休業法を改正してこの育休期間をさらに2歳まで延長する方針を明らかにしました。 0歳児の保育ニーズを減らすと共に、保育所不足を理由とした離職を防ぐ狙いもあります。

一方、人手不足や女性社員の育成に悩む企業からは、長期の育児休業は企業や職場の損失になる、女性の活躍推進に反する、との反対意見も出ています。


▲ページの
トップへ