お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

<女性の再婚禁止>100日に期間短縮、改正民法成立!

2016年6月2日

女性の再婚禁止期間を離婚後6カ月から100日に短縮し、離婚時に妊娠していないことを医師が証明した場合などには100日以内でも再婚可能にする民法の改正が1日、参議院本会議で全会一致で可決、成立しました。100日を超える再婚禁止期間は「過剰な制約で違憲」と判断した昨年12月の最高裁判決を受けた措置で、近日中に公布、施行されます。

これまで民法733条1項には、父子関係を安定させるため、女性の再婚禁止期間を離婚後6カ月と規定されていましたが、今回の改正でこの期間を100日に短縮しました。 また(1)離婚時に妊娠していなかった(2)離婚後に出産した--など、「父は誰か」という推定が重ならに場合は1項を適用せずにすぐに再婚できるようになりました。 そして、上記の(1)(2)に該当することを戸籍窓口で証明するため、原則として医師作成の証明書の提出が求められます。


▲ページの
トップへ