お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

外国人「仮放免」最多に!

2016年6月2日

不法滞在などで日本国外への退去を命じられた外国人のうち、一時的に収容施設を出られる「仮放免」で国内で暮らす人が3606人(速報値、昨年末時点)となり、過去最多に達したことが31日、法務省のまとめでわかりました。
難民申請や訴訟を起こすなどして送還を逃れるケースが多く、法務省は対策を強化する方針です。

不法入国や不法就労などを行った外国人に対しては、入館難民法に基づき、調査などを経て国外退去を命じる「退去強制令書」が発付されます。 そして、退去までの間は国内の収容施設に入ることになりますが、収容期間が長期に及ぶ場合などは人道上の理由から個別の事案に応じて「仮放免」が許可され、収容施設外にも出られます。


▲ページの
トップへ