お問い合わせは

06- 6131-4266

受付時間:平日9:00~17:30

行政書士・海事代理士・マンション管理士

コラム

看護師・保育士など人材確保へ資格課程、基礎を共通化!

2016年5月30日

少子高齢化の進展でマンパワーの確保が大きな課題になっているなか、介護福祉士や保育士は勤続年数を重ねても賃金が上がりにくく人材不足や離職者を生む一因になっていることから、厚生労働省は、看護師や介護福祉士、保育士などの医療・福祉系人材の養成課程の一部を共通化する方針を固め、2021(平成33)年度ごろの移行を目指して制度設計の検討に着手します。

医療・福祉系の国家資格は現在、別々の養成課程が組まれていますが、この一部を共通化して「基礎課程」とし、その後に資格ごとの専門課程を経て国家資格を取る仕組みに改めることによって、介護職員から看護師に転職するといった機会を広げる狙いがあります。


▲ページの
トップへ